「グループディスカッション実践講座」を開催しました

キャッチIMG_5011

 

3月14日(火)に仙台トラストタワー・トラストシティカンファレンス仙台、3月21日(火)に河北新報社・別館5階ホールにて、「グループディスカッション実践講座」を開催しました。

講座は、COC+参加大学等の学生を対象に、多くの企業が採用選考の中で取り入れているグループディスカッションの対策を複数の大学が合同で実施し、実践力アップを図ることを目的に開催しました。

当初は、共同キャリア支援拠点(河北新報社別館4階)を会場に準備を進めておりましたが、複数大学から多数の学生から参加申し込みがあったため、大きな会場に変更し、仙台白百合女子大学、東北学院大学、東北工業大学、東北生活文化大学、宮城学院女子大学の学生が交流する形で講座が行われました。

講師は地域協働教育推進機構の伊藤晋特任准教授が務め、グループディスカッションの基本、議論の進め方についての解説の後、実際に本番を意識した複数回のロールプレイを行い、内容について面接官役の講師から個別フィードバックを行いました。

参加した学生からの事後アンケートには、「参加して良かった」との感想が多く寄せられ、充実した講座となりました。

COC+参加大学等向けのグループディスカッション実践講座の詳細は、こちらのページをご覧ください。

今後も共同キャリア支援拠点を会場にCOC+参加大学等合同で、キャリアカウンセリング、面接力向上セミナー、自己PR強化セミナー等の企画を順次開催していきます。詳細は決定次第お知らせします。