「地域の課題Ⅱ」において学生による企業ヒアリングを行いました

img_3191

本事業における教育プログラムの基幹となる「単位互換コア科目」 のひとつとして、平成28年度後期から東北学院大学で開講されている「地域の課題(地域企業版)」において、学生による企業ヒアリングを行いました。

 講義の前半では、企業の課題解決に向けた基礎知識を学び、企業の課題発見のためのディスカッションとブラッシュアップを行いました。その後、それらの学びをもとに学生たちが、宮城県内の企業の経営者に2度にわたるヒアリングを行いました。さらに後半となる今後は、企業の本当の課題とは何かを考え、その課題解決に向けた仮説検証プロジェクトの設計が行われます。

 本講義は、仮説と検証を軸とした仮説的推論(アブダクション)を取り入れ、従来の座学型の授業とは異なり、少人数の学生に対し、複数の教員が担当する先進的な取組みとなっています。知識伝達型のアプローチから、学生を主体としたアプローチへと学修構造を変化させ、学生の主体的な学びの促進を目指しています。

 講義には、他地区の大学や企業からの授業見学の申込や問合せも多く、注目をいただいています。
授業科目の更なる詳細、授業見学等については下記の問い合わせ先までご連絡ください。

 ご協力いただいた企業
株式会社 セレクティー
株式会社 プレスアート
株式会社 ユーメディア

【問い合わせ】
地域協働教育推進機構(東北学院大学内)
電話 022-264-63286424
E-mail ck(a)staff.tohoku-gakuin.ac.jp
(a)を@にしてメールをお送りください。